まえがき

「中国で成功する人事 失敗する人事」(日本経済新聞社刊)は、中国の日系企業において効果的なマネジメント手法を実施して成果を挙げている日本人経営者の方々のご教示をもとに、中国でのマネジメントの方向性を探ろうとしたものです。また社会主義計画経済から市場経済への移行という特殊な状況下にある中国のさまざまな人事制度について、わかりやすく解説しようと試みました。

中国での人事やマネジメントに関して一定の専門性を持つ類書が少なかったこともあり、おかげさまで出版以来、多数の方にお読みいただき、高い評価を得ることができました。この本を書いたのは1996年のことで、すでに発刊から8年が経過していますが、現在でも「この本を読みたいのだが、どこにいけば買えるのか」というお問い合せをしばしばいただきます。残念ながらこの本はすでに絶版となっており、古書店を探す以外に入手の方法がありません。

この間の中国の変化は驚くべきものがあります。日本企業の進出も急増し、いまや中国経済の発展なくして日本経済は立ち行かないといわれるほど、両国の経済関係は深まっています。大変に喜ばしいことですが、マネジメントという観点からいえば、この本で指摘し、解決策を模索したたさまざまな問題点は、この間ほとんど変わっていません。むしろ日系企業の進出が増え、規模が拡大したおかげで、一部ではマネジメント上の問題がより顕在化し、深刻な形で表面化しつつあるともいえます。

執筆時と比較して、確かに中国の法律や制度はかなり大きく変わっていますが、この本でご紹介している経営者の皆さんの手法は、「中国人の考え方を理解し、いかに有効なマネジメントを確立するか」という観点に貫かれており、その本質的な視点は現在でもまったく変わることなく通用するものです。こうした状況に鑑み、ウェブ経由という新しい方法で、この本を改めて皆さんのお役に立てることはできないかと考えました。

もちろん「中国で成功する人事 失敗する人事」のメッセージを基本に据えつつ、最新の現地発のニュースや法律の改正なども盛り込み、お役に立つ内容にしていくつもりです。現在、中国でマネジメントに携わっておられる方、これから中国に赴任して経営幹部になられる方、日本の本社で中国拠点のサポートに当たられる方、中国出張で中国人とのコミュニケーションの必要性を感じておられる方、さまざまなな方々お役に立つものとと信じています。

ぜひご愛読をお願いします。

田中信彦

June 15, 2004 in 中国 | 固定リンク | コメント (0) | トラックバック