« 第20回 マスコミの報道を鵜呑みにしていないか? | トップページ | 第22回 採用編1 合弁相手の人材に頼らず~神明電機 »

2004.08.26

第21回 「ケース編」についてのまえがき

これまで20回にわたり、中国進出に際して日本人にありがちな「思い込み」「勘違い」について触れてきた。今回からは進出企業のケース編である。筆者が実際に現地を訪問し、責任者に直接インタビューした内容が土台になっている。人事・組織に関係した内容を主に聞いているので、その点に興味のある読者の方には関心を持っていただけると思う。

ただお断りしておきたいのは、あくまでこのケースはこの本の執筆当時の記述に基づいているという点である。

当書の刊行からすでに6年以上が経過しており、もちろんその間に中国の状況は大きく変わっている。なのでここでの記述がそのまま現在の状況を表すわけではないことにご注意をいただきたい。

にもかかわらず、あえてそのままで再度公開することにしたのは、データや法律など時間の経過とともに大きく変わった部分もある反面、中国の人々のものの考え方や日系企業が直面している問題点、その解決への取り組みなどはほとんど変化がないからである。

文章は基本的に当時の状況のままとしたが、中には誤解が発生することを避けるため、現在の状況を鑑みて記述を修正したり、削除したりした部分もある。その点はご了解をいただきたい。データや法律の条文などのディテールを知るためではなく、あくまで中国進出に付随して起こる問題点やその対策について基本的な考え方を知るための読み物としてお読みいただければ幸いである。

また単行本出版当時はすべての企業名、個人名を実名で記述しているが、時間が経過したこともあり、状況に変化があることを鑑みて、このサイトでは個人名に関しては匿名もしくは仮名としてある。ご了解をいただきたい。

田中信彦

|

« 第20回 マスコミの報道を鵜呑みにしていないか? | トップページ | 第22回 採用編1 合弁相手の人材に頼らず~神明電機 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/38733/1285992

この記事へのトラックバック一覧です: 第21回 「ケース編」についてのまえがき:

« 第20回 マスコミの報道を鵜呑みにしていないか? | トップページ | 第22回 採用編1 合弁相手の人材に頼らず~神明電機 »