2007.08.25

第32回 教育研修編1 自信を持たせる研修~ヤオハン・インターナショナルその1

開店当日に100万人の来店客があったといわれる上海新世紀商厦をはじめとする百貨店、上海市内に10数店舗を展開するスーパー、総合流通センターの機能を持つ上海IMMなど、ヤオハン・インターナショナルは上海を中心に活発な事業を展開する。1996年7月には本部を香港から上海に移すなど、中国市場重視の姿勢をより鮮明にしている。

» 続きを読む

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005.10.25

第31回 採用篇10 能力より価値観重視の採用を~その2

その結果、従業員が思い通りに働いてくれない、能力が要求する基準に達しない、会社に不満ばかり言う、離職率が高い----などの問題が起こっているケースが少なくない。こうしたことが起こる背景には、労働力の需給関係が数の上では企業側の買い手市場にあることが影響している。

» 続きを読む

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2005.10.24

第30回 採用篇9 能力より価値観重視の採用を~その1

企業にとって人の採用が大切なのは世界共通の話だが、中国のような経済成長段階の初期にある社会の場合、それは特に重要なポイントになる。その理由は中国社会では人材の「バラつき」が日本より激しいからである。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005.06.04

第29回 採用篇8 新卒の優秀さに驚く~上海華亭伊勢丹

第29回 採用篇8 新卒の優秀さに驚く~上海華亭伊勢丹

伊勢丹の合弁企業、上海華亭伊勢丹も大学生の新卒採用を重視している。同社も96年度の採用活動にあたっては伊藤忠商事と同じ情報誌を利用した。人事・教育担当副総経理がみずから300人以上の学生と会った。

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005.04.20

『Newsweek』 のインタビューを受けました。

『Newsweek』 のインタビューを受けました。担当はNewsweek Jap...

» 続きを読む

| | コメント (12) | トラックバック (0)

第28回 採用篇7 新卒の優秀さに驚く~上海伊藤忠商事

上海伊藤忠商事は96年入社の社員から新卒定期採用を始めた。それまでは人が足りなくなるごとに政府系の人材服務機構や人材交流大会などで即戦力になる人材を探していたが、96年からは将来の事業計画に合わせた人材育成の体制づくりを始めることにした。

» 続きを読む

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005.03.07

第27回採用篇6 一人前の技術者になるには10年かかる~凸版印刷

一方、ある程度の技能を必要とする部署の従業員募集は新聞広告で行っている。地元の「深セン商報」に広告を出すと、なぜか全国各地から手紙で反応がある。先頃、印刷機械を担当する現場のエンジニアを募集したところ、10人の採用に400人ほどの応募があり、居住地では深セン市内と外地が半々ぐらいだった。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«追記 『エコノミスト』臨時増刊に文章を書きました。